ガソリンスタンドのバイト、本当に楽なの?

普段、私たちがサービスを受ける、ガソリンスタンドでのバイトのイメージはどのようなものでしょう?「コンクリートの上でずっと立ちっぱなしで辛そう」「オイルで汚れる」「屋外での作業だから夏は暑くて冬は寒い」と数あるバイトの中でも、きつそうなイメージをお持ちではありませんか?確かにそういった条件であれば辛そうなバイトです。でも、もしエアコンの効いた室内で、座りながら、給油もしなくていいとしたらどうでしょう?

深夜のセルフガソリンスタンドが狙い目!

深夜のセルフガソリンスタンドは、日中とは業務が大きく変わります。主な業務は、椅子に座りながら給油モニターの監視です。一人での勤務の場合が殆どなので他の従業員に気を使う必要がなく、接客もない店舗が多いです。暇な時間にスマホや読書、ゲームをしたり資格の勉強に充てるなど、お給料をもらいながら他のことに時間を使えるお店もたくさんありますよ!ここだけの話、私は読書やゲームなどは家ではやらずに、深夜のセルフのガソリンスタンドで働く間に済ませてしまってます!

深夜のセルフガソリンスタンドここは注意!

体力を使わずに、有意義に時間を使える深夜のセルフガソリンスタンドバイト。でもいくつか注意点があります。まず、深夜に一人で働くには危険物取扱者乙種四類(通称乙四)が必要と法律で定められています。国家資格ですが工業高校の生徒が学校で取らされることも多く、難易度はあまり高くありません。一ヶ月ほどの勉強で十分合格が狙えますので、勉強は苦手だからと諦める必要はありません。また、深夜に一人での勤務ですので、防犯上の問題から女性が採用されるのはどうしても難しいようです。

ガソリンスタンドでのバイトはとても良い待遇です。時給に加えて、部品交換などのインセンティブがありますので、給与が良いです。