学校に行かなきゃ無理って、そう思っていませんか?

専門の学校にわざわざ入らなくても、保育士にはなれます!え、それってどうやるの?その答えはとっても簡単。独学で保育士資格を取ってしまえばいいのです。もちろん受験資格は満たさないと受けられないですが、そんなに難しいものではないんですよ。特に4年制大学や短大、専門を卒業している人は、それだけで受験資格をきちんと満たしているので、保育と関係ない学校に入ったけどやっぱり保育士になりたい!という人は、今すぐにだって試験を受けることが出来ちゃうんです。試験には実技も筆記もあるので、流石に勉強なしで合格するのはちょっと厳しいですが、逆に言えば勉強さえなんとか頑張れば、独学でも合格は可能ということ。通信教育で学ぶことも出来るので、お金に余裕がある人はそれもひとつの方法ですね。それでも専門の学校に入るよりはだいぶお得なはずですよ。年齢制限もないので、主婦の方が経験を生かしてなんていうのもOK!過去問なども本屋にたくさんあるので、興味がある方はぜひ探してみてください。

この方法にはデメリットもあります!だけど・・・

お金もかからないしいいこと尽くめじゃない?と思ってたそこあなた。残念ですがこの方法にはデメリットも存在します。まず一番大きいのは、絶対に合格できるとは限らないということ。専門の学校を卒業すれば無条件で資格が手に入るのですが、独学の場合は落ちてしまうことだってもちろんあります。勉強を続けるには根気だって要ります。通信講座を利用する場合挫折する可能性はだいぶ減るかもしれないけど、それでも100%安全ではないのです。そういう意味では、とりあえず入って単位を取れば資格が得られる専門の学校のほうが楽なのかもしれないですね。けど、私はそれでもあえて独学をおすすめします。理由はとっても簡単で、時間も費用もぐっと抑えられるからです。え、それだけ?と思うかもしれないですが、これに関しては努力じゃどうにも出来ないので、そこがクリアされるっていうのはかなり大きいことなんですよ。国家試験ということで難しく思えるかもしれないけど、それは努力次第でどうにでもなるハードルなんです。今はネットで合格者の声を見ることも出来ますから、まずはそういうのから調べてみるのも一つの手ですね。きっと挑戦する勇気が湧いてきますよ!

こういう仕事、実は保育士以外にもあるんです!

ここまでは保育士の試験について色々お話してきましたが、実は保育士以外にも子育てに関われる仕事はたくさんあるんですよ。おすすめはチャイルドマインダー。これは自宅や依頼主のお宅などで、少人数の子どもを預かる仕事のことです。同じく子どもを預かる仕事でベビーシッターというのがありますが、一回一回派遣先が違うそれとは違って、チャイルドマインダーは継続的に保育するというのが最大の特徴でしょう。そのため保護者に近い立場だから、子どもの教育や健康管理に関わることができるのです。保育士の資格ほど取得が難しくなく、自分のライフスタイルに合わせた働き方が出来るため、今大注目の仕事なんですよ!幼稚園や保育園が足りなくなっている今、需要が高まっているのも嬉しいポイントですね。預かれる子どもの数は最高で4人までなので、子どもの個性に合わせた教育がしたいという方にもぴったりです。他にも、チャイルドケアやチャイルドコーチングなど、子育てに関われる仕事はまだまだたくさんあります。ぜひあなたのやりたいことに合わせて、色々選んでみてください!

子供が好きで、保育士の資格も持っているなら保育士の求人なら東京で、いろいろな求人を探すことができます。